東京医科大学 学生?職員健康サポートセンター

センター概要

■概要
東京医科大学 学生?職員健康サポートセンターは、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)及び労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)に基づき、学校法人東京医科大学に属する学生及び教職員の健康管理全般に関して、専門的業務を行うことを目的として、2017年9月に設立されました。2020年4月、センター長(精神科医)および看護師1名、臨床心理士2名、事務職員2名の体制で本格稼働しました。

■業務
(1) 学生及び教職員の健康管理に係る基本方策に関すること。
(2) 各施設における健康管理実施状況の点検、管理及び評価に関すること。
(3) 各施設の健康管理担当部署の業務支援に関すること。
(4) 健康管理に係る広報及び啓発活動に関すること。
(5) その他健康管理に関すること。
(東京医科大学学生?職員健康サポートセンター規程 第3条より)

センター長あいさつ

?東京医科大学で学ぶみなさま、東京医科大学で働くみなさまへ?


センター長(精神保健指定医?日本精神神経学会認定精神科専門医?指導医) 市来真彦


 みなさま、こんにちは。学生?職員健康サポートセンター長の市来真彦と申します。 当センターは、東京医科大学中?長期計画のもと、本学で学ぶみなさまと本学で働くみなさまの身体と心の健康をサポートする目的で平成29年(2017年)9月1日に発足しましたが、この度比分直播,皇冠比分2年(2020年)4月1日に全職種を揃えてリニューアルいたしました。
 本来は「2回目の東京オリンピックを迎えた2020年?」といったように、威勢の良いあいさつで始める予定でしたが、現在、世界的な比分直播,皇冠比分感染拡大に伴い、東京都は緊急事態宣言の真っ只中、茨城県も毎日感染者が増加している状況です。そのため、日々比分直播,皇冠比分に目がゆきがちではありますが、この対応はみなさまの健康の保持増進の一つである感染症対策に過ぎません。比分直播,皇冠比分の感染拡大がなかったとしても、みなさまが元気に学び、元気に働いて、幸せな生活を送るためには、身体と心の日々の健康づくりに取り組むことが大切です。
 まず、健康づくりは病気にならないよう取り組む「予防」が大切です。そして、病気にかかったとしても「早期発見?早期対応」することで重症化を防ぐことができますし、病気に対してしっかりと「アフターケア」をすることで、治りかけた病気がぶり返すことも予防することができます。このように、全ては「予防」に集結することができます。逆にこの時期だからこそ、比分直播,皇冠比分対策を切り口に、自分自身の身体と心の健康について考えてみてはいかがでしょうか。
 私たち学生?職員健康サポートセンターは、「身体の健康」と「心の健康」という通常の二本柱でしたが、現在は「身体の健康」から「感染症対策」という柱を独立させた「三本柱」で、学生と職員を対象に情報発信と相談を行ってまいります。困り果てててから相談するのではなく、「困り果てる前に」ぜひ、当センターへアクセスしてください。どうぞよろしくお願いいたします。

学生健康サポート 

■学生専用掲示板「e自主自学」をご覧ください。 こちらから>>(学内専用)

職員健康サポート

学校法人東京医科大学 教職員用学内専用ページをご覧ください。 こちらから>>(学内専用)      

 東京医科大学 学生?職員健康サポートセンター
  〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1

  電話: 03-3351-6141 (内線463,306)

  Email: d-kenkou@tokyo-med.ac.jp

ページトップ